RECRUITING SITE 2019

社員&職種紹介

MR職 守川 友幸

  • 入社前

    皮膚科学に特化した製品と魅力的な社員の存在が入社の決め手。

    同じ業界で働く兄の勧めもあって、製薬業界を志望しました。マルホのオリジナリティは、特に魅力的に感じられました。それから、会社説明会に参加した際、人事の方のプレゼンがほかのどの会社よりも面白かったのです。学生にとってはその会社でいちばん最初に触れ合う人ですし、私自身も人事は会社の看板だと思っています。こんな人たちが働いている会社で仕事がしたいと好感を持ったことも、マルホを選ぶ大きな理由になりました。

  • 活躍の舞台

    情報提供だけではなく、幅の広い仕事を。

    大学病院から薬局まで、さまざまな医療施設を訪問して医薬品に関する情報を提供するのがMRの仕事。スピードがすごく重要になります。胸にいつも刻んでいるのは、「“いつでもいい”と言われたら、なるべく早く。“なるべく早く”と言われたら、それ以上に早く」という先輩の言葉。医療関係者から質問を受けたらできるだけ早く正確な情報で返すことが、信頼につながります。現在は、皮膚科学領域で権威のある医師を担当しています。このような医師は非常に重い症例や治療が難しい症例へのアプローチ方法も数多くご存じで、そういった情報を収集し全国のMRに発信することで、マルホMRの共有知識・財産にできることにもやりがいを感じています。また、医療現場のアンメットニーズをリサーチすることで、皮膚関連疾患のケアサイクルに革新的な変化をもたらすコンセプト創出に繋げられればと思っています。

  • モチベーション

    患者さんのためになることが私たちの最終目標。

    治療法の相談を受け、自分が提案した方法が役に立ったと分かった瞬間は、本当に嬉しいものです。売り上げのアップももちろん目的ではありますが、やはり私たちの活動のゴールは、患者さんのためになるということ。医師の中には、マルホの医薬品をすごく気に入ってくださる方もいらっしゃいます。「この薬はぜひ広めるべき。患者さんのためになるから」と、熱意を持ってお話していただくこともあります。こういう医師との出会いが、日々の仕事のモチベーションになっています。

  • 未来の姿

    自分の経験を伝えながら、対話力のある人材を育てていく。

    入社時に目標としていた大学病院担当も2大学を経験し、MR職としての自身のコミュニケーション力はある程度確立できたと考えています。今後は培ったノウハウを生かして、次世代のマルホを担う人材を、発掘・育成する仕事をしてみたいです。人事部の採用担当ができれば理想的ですね。学生の皆さんには「まずは医師の信頼を得ること。そのためには情報提供はもちろん、医師の研究テーマや興味のあることなども交えながら話すことが大切。その先には、きっと患者さんの笑顔があるから」と伝えたいです。それぐらいのシンプルな気持ちで、話をするのが好きな人、好奇心旺盛な人にどんどん入ってきてほしい。医師も薬剤師も、一人ひとりの個性は千差万別。柔軟性や対応力は、仕事をしているうちに自然と身に付くものだと思います。

ページトップへ