RECRUITING SITE 2019

マルホを知る

マルホの強み-Advantage-

人材育成のスタイル
『成果』と『成長』、どちらも重視するスタイルで皮膚科学領域のスペシャリストへ。

マルホの人材育成は、『成果』と『成長』の両方を重視しています。特に新入社員については、まず何よりも社会人として、マルホの社員として成長することを期待しています。そのために成果だけではなく、そのプロセスとなる「知識やスキルの習得」、「仕事に取り組む姿勢」についても、一人ひとりの「成長」を重視し、“社員の成長は、会社の成長である”の考えのもと、マネージャーによる指導・育成を行っています。そして、一定レベルに到達した社員については、期待する明確な役割を基に、「成果」を求めます。社員一人ひとりが高い成果を挙げ、切磋琢磨しあうことで、会社として、世の中に質の高い貢献を行うことができます。とはいえ、単に目標をノルマとして与えるのではなく、「会社のビジョン達成のために自分は何をしなければならないか」と、社員自らが高い目標を掲げ、達成のためのプロセスを考え抜き、実行することを大事にしており、それが評価に反映される仕組みをとっています。

社員の成長企業の成長

皮膚科学領域のスペシャリスト
研修のスタイル
マルホの社員として、個人として、より大きく成長できる2タイプの研修。

マルホの研修体制は、『全社共通の研修』と『業務単位ごとの研修』の2つの軸からなっていることが特徴です。全社共通の研修は、マルホの社員として、ビジネスパーソンとしての成長を促すために、特に入社後3年間や昇格などの節目に行います。一方、生産・研究開発・営業など、業務単位ごとの研修は業務に必要な知識・スキルの習得を目的として行われます。必要とされる要素が業務によって異なるため、関連法規や語学の習得、コミュニケーションスキルの向上などのプログラムを研修担当者が独自に編成し、実施しています。このような研修を通して専門性を高めることで、皮膚科学のスペシャリストとして活躍できる社員を早期に育成することを目指しています。
例えば、3年目のMRの場合、今後のキャリア形成の考え方を学ぶ人事部主催の「ジャンプアップ研修」と、3年目のMRとして必要な知識・スキルを習得する営業の「3年生研修」を受講することになります。このようにして、「自立した社会人になるための成長」と「高度な専門性を発揮するための成長」を両立することが、マルホの求める姿です。

研修のスタイル
自立した社会人、高度な専門性を
発揮できる人材へ成長
社内風土
風通しがよく挑戦にあふれ、それぞれの目標に向って働ける環境。

マルホの社風と言えば、経営陣と社員の距離が非常に近いことです。廊下やエレベーターですれ違えば自然に会話が発生する距離感は、マルホらしさであるといえます。また、マルホには、上司や役員に対して、自身の現状やキャリアのみならず、会社の方向性に対する前向きな提案や要望、普段感じていることを気兼ねなく伝えることができる仕組みがあります。その回答は本人に直接伝えられたり、提案・回答を共有した方がよいと考えられるケースでは会議などでフィードバックされます。このように、職種や役職を越えて、聞きたいことが聞ける環境があることも「マルホならでは」といえるかもしれません。そしてこのような風土が、会社の目指す方向を社員一人ひとりが理解・共感する手助けになり、チャレンジを生み出す源となっています。

自己申告制度
ページトップへ