病型に応じた対策

対策のまとめ

<表全体は左右にスワイプでご覧いただけます。>

通常疥癬 角化型疥癬
隔離 必要ありません。 必要です。適切な治療を行えば長期にわたって隔離を行う必要はありません。
隔離期間は通常1~2週間が目安です。
身体介護 予防着や手袋の着用は必要ありません。
長時間の肌と肌との直接接触は避けましょう。
介護する際には予防着、手袋を着用しましょう。
【リネン類の管理】
シーツ・寝具・衣類など
特別な対応は必要ありません。 シーツや寝具・衣類は毎日交換しましょう。
衣類・リネンに残っているヒゼンダニが、患者さんや介護者に付着するのを防ぐため、そのままビニール袋に入れ、別に扱います。
【リネン類の管理】
洗濯
特別な対応は必要ありません。 殺虫剤を使い24時間密閉するか、50℃以上のお湯に10分間以上浸してから洗濯しましょう。乾燥機やアイロンで熱処理することも有効です。
居室・環境整備 特別な対応は必要ありません。 トイレや車椅子、ストレッチャーなどは患者さん専用にするか、殺虫剤を使用しましょう。
ベッドマットは粘着テープや掃除機で表面を丁寧に掃除します。
特に落屑がありそうな場所は粘着テープなどで落屑を回収後に、丁寧に掃除機で清掃します。
入浴 患者さんの肌に長時間直接接触することは避けましょう。
タオルなど肌に触れるものの共用は避けましょう。
足ふきマットは各個人使用にしましょう。
他の利用者と別にする、または患者さんの入浴は一番最後にするなどの配慮が必要です。
角質層はお湯につけてふやかし、ナイロンタワシやブラシなどを使ってしっかり落としましょう。
ページトップへ