ホーム

薬剤師のための情報 maruho square

maruho square(マルホ スクエア)とは?

マネジメント、医療制度、地域医療連携などをテーマに、保険薬局や薬剤師の先生方の取り組みを紹介しています(年4回発行)。同コンテンツは季刊誌「maruho square」より、テーマ別に記事を抜粋して掲載しています。

更新情報

2019年5月17日

「マルホ スクエア No.33」を公開しました。

保険薬局マネジメント

佐賀県では地域医療連携ネットワークサービスの仕組みを利用して、あらかじめ同意を得た患者さんの診療情報を参照できる仕組みが稼働している。株式会社山下至誠堂(本部:佐賀県唐津市、2019年1月現在、唐津市・東松浦郡で調剤薬局8店舗、ドラッグストア3店舗を運営)でも調剤薬局3店舗がこのシステムを利用しながら、検査値確認後の処方箋監査や服薬指導、生活習慣改善をめざした健康アドバイスなどの実践につなげている。その実際とメリット、今後の展望について、導入店舗の管理薬剤師・古屋先生に伺った。

続きを読む

チーム医療と薬剤師

爪囲炎、ざ瘡様皮疹、手足症候群などの皮膚障害が好発する経口抗がん剤は、EGFRチロシンキナーゼ阻害薬やフッ化ピリミジン系をはじめ、数多く存在する。皮膚障害は痛みや痒みなどの症状、外観の変化などによりQOLを損なううえに日常生活に支障を来す場合がある。また、抗がん剤の減量・中止を余儀なくされることもあり、特にdose intensityの低下により治療効果を損なうとの報告がある薬剤を用いた治療では、皮膚ケアや皮膚障害のマネジメントが重要な役割を果たす。今回は、薬薬連携を活用した皮膚障害マネジメントに取り組んでおられる浦川先生に、取り組みの実際を中心にお話しいただいた。

続きを読む

リスクマネジメント

地域包括ケアと薬剤師

薬剤師がグングン楽しくなる医療コミュニケーション講座

ページトップへ
ページトップへ
  • 製品に関するお問い合わせ
  • 0120-122834

    フリーダイヤルがご利用いただけない場合06-6371-8898

    ※9時30分~17時30分(土日祝日及び当社休業日を除く)

  • インターネットはこちらから

    お問い合わせ