ホーム

薬剤師のための情報 maruho square

maruho square(マルホ スクエア)とは?

マネジメント、医療制度、地域医療連携などをテーマに、保険薬局や薬剤師の先生方の取り組みを紹介しています(年4回発行)。同コンテンツは季刊誌「maruho square」より、テーマ別に記事を抜粋して掲載しています。

更新情報

2018年4月26日

「マルホ スクエア No.30」を公開しました。

保険薬局マネジメント

株式会社サノ・ファーマシー(本社:秋田県秋田市、秋田市を中心に東京都、神奈川県を含め39店舗運営)では、薬剤師個々が「地域のニーズをリサーチし、それに応えるために考えた方法論」を具現化できる職場環境の中で、やりがいを持ちながら地域に貢献できる薬局づくりを目指している。佐野薬局中通一丁目店は県外含め100以上の医療機関から処方箋を受け付ける面分業型薬局だが、その6割が皮膚科からの処方箋だという。今回は、同店が他店とともに取り組んだ、小児アトピー性皮膚炎の疑われる患者に関する調査と介入の経緯や成果、今後の展望などを伺った。

続きを読む

チーム医療と薬剤師

薬局薬剤師には、外来化学療法を受けている患者さんに対するファーマシューティカルケアが求められるようになってきた。東京都文京区で100年以上にわたり地域の人々の健康と療養生活を支えてきた株式会社保生堂薬局では、近隣のがん拠点病院に通院している患者さんに対する独自の患者ケアプロトコル(薬局版クリティカルパス、副作用対策手帳シール)を作成・運用している。今回は、その背景、運用と成果、今後の展望について、原田典子先生にお話を伺った。

続きを読む

リスクマネジメント

地域包括ケアと薬剤師

薬剤師がグングン楽しくなる医療コミュニケーション講座

ページトップへ
ページトップへ
  • 製品に関するお問い合わせ
  • 0120-122834

    フリーダイヤルがご利用いただけない場合06-6371-8898

    ※9時30分~17時30分(土日祝日及び当社休業日を除く)

  • インターネットはこちらから

    お問い合わせ