ホーム

薬剤師のための情報 maruho square

maruho square(マルホ スクエア)とは?

マネジメント、医療制度、地域医療連携などをテーマに、保険薬局や薬剤師の先生方の取り組みを紹介しています(年4回発行)。同コンテンツは季刊誌「maruho square」より、テーマ別に記事を抜粋して掲載しています。

更新情報

2017年12月28日

「マルホ スクエア No.29」を公開しました。

保険薬局マネジメント

株式会社大新堂フタツカ薬局グループ(本社:兵庫県神戸市)は、「人と幸福な未来をつなぐ暮らしの真ん中のコミュニティファーマシー」として、兵庫県下を中心に60店舗(2017年10月現在)の保険薬局を運営している。
高齢化が進む地域に位置するフタツカ薬局吹田竹見台店では、服薬上の問題を抱える患者さんの存在に着目。薬剤師によって異なる指導で患者さんを混乱させないよう、また、薬剤服用歴管理記録(以下、薬歴)だけでは伝わりきらない情報を共有できるよう症例検討会を実施し、かかりつけ薬局・かかりつけ薬剤師への取り組みにつなげている。そこで、薬局長の松浦千佳先生に、その経緯や現状、今後の展望などを伺った。

続きを読む

チーム医療と薬剤師

高齢化に伴い、自宅や介護施設で高度な医療を受ける高齢者が増えている今、医療と介護の多職種連携・協働を円滑に行うことが求められている。しかし、病院内に比べて在宅医療の現場では、多職種間の情報共有や意見交換が行えておらず、薬剤師もその一員として十分に関われていないのが現状である。そこで、行政主催の『多職種連携研修会』に薬剤師の立場で参加した株式会社メディカルグリーン(大沢調剤薬局片柳店)の上野将明先生から、当研修会の開催経緯と概要、それにより明確になった、薬剤師が在宅医療に対して臨むべき姿勢などについてお話を伺った。

続きを読む

リスクマネジメント

地域包括ケアと薬剤師

薬剤師がグングン楽しくなる医療コミュニケーション講座

ページトップへ
ページトップへ
  • 製品に関するお問い合わせ
  • 0120-122834

    フリーダイヤルがご利用いただけない場合06-6371-8898

    ※9時30分~17時30分(土日祝日及び当社休業日を除く)

  • インターネットはこちらから

    お問い合わせ