ホーム

基礎からわかる外用剤

Q&A

  • 城西大学薬学研究科薬粧品動態制御学講座 教授 杉林堅次先生
  • 城西大学薬学研究科薬粧品動態制御学講座
    教授 杉林 堅次 先生
    にご回答いただきました。

Q.外用剤の基剤(添加物)によるかぶれについて教えて下さい。

外用剤によるかぶれの原因としては、主薬によるものと基剤(添加物)によるものがあります。今回は、基剤(添加物)によるかぶれについてお答えします。
かぶれは、アレルギー性と非アレルギー性に分けられます。

アレルギー性のかぶれ

原因物質の皮膚への接触が過去にあること(感作されること)が発症の条件となります。

*感作

原因物質が異物(抗原)として記憶されることです。記憶されるだけではアレルギー反応は生じませんが、感作(記憶)後に原因物質と接触するとアレルギー反応が生じます。

アレルギー性接触皮膚炎

感作後に外用剤が接触した部位に痒みを伴う紅斑、浮腫、しょう液性丘疹が出現します。これが全身に拡大すると、接触性皮膚炎症候群と呼ばれる症状を呈します。

光アレルギー性接触皮膚炎

皮膚に適用する物質(原因物質)が日光などにより化学変化し、その化学変化した物質に対して感作が成立します。よって、感作後に外用剤と接触し、かつ日光などにあたった部位のみに症状が出現するのが特徴です。

アレルギー性接触蕁麻疹

感作後に外用剤が接触した部位に膨疹が出現します。重症例では接触部位を越えて全身に症状が拡大し、気道症状、消化器症状が出現します。最重症例ではショックを起こすこともあります。

非アレルギー性のかぶれ

原因物質との初回接触で症状が出現する点が、アレルギー性のかぶれと異なります。

刺激性接触皮膚炎
光毒性接触皮膚炎
非アレルギー性接触蕁麻疹

臨床症状はそれぞれアレルギー性接触皮膚炎・光アレルギー性接触皮膚炎・アレルギー性接触蕁麻疹と変わりません。

なお、外用剤の添加物によって光毒性接触皮膚炎が引き起こされたという報告はほとんどありません。
以下に、かぶれの原因となりうる添加物の代表例を示します。

疾患名 原因となりうる主な添加物
アレルギー性接触皮膚炎 ラノリンアルコール、プロピレングリコール、亜硫酸塩、クロタミトン、塩化ベンザルコニウム、塩化ベンゼトニウム、メントール
光アレルギー性接触皮膚炎 オキシベンゾン
アレルギー性接触蕁麻疹 安息香酸、エタノール、パラベン、プロピレングリコール、ゼラチン、メントール
刺激性接触皮膚炎 FAPG 基剤
非アレルギー性接触蕁麻疹 安息香酸、エタノール、ソルビン酸、ベンジルアルコール、メントール
  • FAPG基剤:Fatty alcoholとPropylene glycolを主体とする基剤

かぶれを起こしやすい添加物でも、配合濃度がきわめて低い場合にはかぶれを起こしにくくなります。また逆に、かぶれを起こしにくい添加物でも、高濃度に配合されるとかぶれを起こす場合があります。パラベンなど健康皮膚では経皮吸収されて感作が成立するのはまれであると報告されている物質でも、バリア機能が低下した皮膚では長期間継続して塗布することで感作が成立し、かぶれを引き起こすものもあります。このようなことを踏まえてメーカーでは、基剤を決定するにあたり、使用前例から添加物の配合濃度を設定するとともに、動物試験やパッチテストなどの臨床試験でその製品の安全性を確認しています。

本来、外用剤の基剤(添加物)は主薬の安定性や経皮吸収性を確保し、使用感を高めるためなどに用いられますが、皮膚に対しては異物であり、疾患によって皮膚のバリア機能が低下している場合や、使用法を誤ったりすれば、治療目的で用いているにもかかわらず、かえって皮膚を刺激し、かぶれを引き起こす場合があります。そのため、外用剤の選択には主薬だけでなく基剤(添加物)についても十分に配慮することが大切です。

ページトップへ
ページトップへ
  • 製品に関するお問い合わせ
  • 0120-122834

    フリーダイヤルがご利用いただけない場合06-6371-8898

    ※9時30分~17時30分(土日祝日及び当社休業日を除く)

  • インターネットはこちらから

    お問い合わせ