ホーム

基礎からわかる外用剤

Q&A

  • 城西大学薬学研究科薬粧品動態制御学講座 教授 杉林堅次先生
  • 城西大学薬学研究科薬粧品動態制御学講座
    教授 杉林 堅次 先生
    にご回答いただきました。

Q.外用剤を混ぜて使用してもいいのですか?

患者さんのコンプライアンスの向上などを目的として外用剤がしばしば混合されていますが、製剤学的な観点から考えると、外用剤は安易に混ぜて使用すべきではありません。混合する外用剤の組合せや混合後の保管条件は千差万別であり、一概にどのような組合せが混合に適しているか、適していないかは言いきれないのが現状です。以下に、混合する際の注意点をまとめました。

混合による主薬の安定性や溶解性の変化に注意しましょう。

混合することで基剤のpHや主薬の溶解度などが変化する可能性があります。ステロイドは塩基性、ビタミンD3は酸性条件下で不安定になるため、混合による基剤のpHの変化には注意が必要です。また、主薬として水溶性薬物を含有した基剤に脂溶性の高い基剤を混合すると、主薬の溶解性が低下し、結晶化することも考えられるため、溶解性の変化にも注意が必要です。

混合する外用剤の剤形に注意しましょう。

混合できるかどうかについて、油脂性基剤と水溶性基剤のように明らかに性状が異なるものでは判断できますが、水中油型と油中水型のように見た目では判断できない場合は特に注意が必要です。

例えば、水中油型は油滴の周りを水性成分が囲んでいるような構造を持つため、油性基剤とは混ざりにくく、混ざったように見えても均一に混合したかどうかを判断できない場合が多々あります。また、水中油型と油中水型を混合すると乳化状態が壊れ、水と油が分離しやすくなります。

水中油型と油中水型の外用剤を見分ける方法として、水の中に添加して混ざるものが水中油型、混ざらないものが油中水型となるので、参考にしてください。

混合すると主薬の経皮吸収性が変化することがあるので注意しましょう。

外用剤を混合すると主薬の濃度が低下するため、一般的に主薬の吸収速度(一定時間に吸収される薬物量)は低下します。しかしながら、混合する組合せによっては吸収速度が高まることが知られています。その理由は完全には明らかではありませんが、油脂性基剤と混合した場合に起こりやすいことから、基剤と皮膚との親和性の向上や、油脂性基剤の吸収促進機能が関与していることが考えられます。

配合変化試験結果は参考程度にしましょう。

メーカーによっては配合変化試験を実施しており、必要に応じて、その結果を参照できる場合があります。しかしながら、この結果は配合変化試験を行った条件のみにあてはまるものであり、混合する方法や比率、保管条件を変えた場合にどうなるかは予測できないことがあります。

ページトップへ
ページトップへ
  • 製品に関するお問い合わせ
  • 0120-122834

    フリーダイヤルがご利用いただけない場合06-6371-8898

    ※9時30分~17時30分(土日祝日及び当社休業日を除く)

  • インターネットはこちらから

    お問い合わせ