ホーム

基礎からわかる外用剤

いまさら人には聞けない基礎から応用までの外用剤情報

杏雲堂病院 診療技術部長/薬剤科長 大谷 道輝 先生

本サイトでは、いまさら人に聞けない外用剤の基礎情報から、主薬と基剤の関係、外用剤からみた経皮吸収、生体からみた経皮吸収などの応用情報までを幅広く掲載しています。外用剤を使用される、外用剤に興味があるなど様々な医療関係者の皆さまにご活用いただけることを目的にしています。

ぬり薬の薀蓄

  • 外用剤における基剤と剤形の重要性について

    皮膚外用剤の基剤や剤形が、経皮吸収性に与える影響などについて解説します。

    ぬり薬の蘊蓄 vol.1

  • 主薬と経皮吸収性

    皮膚外用剤の主薬が、経皮吸収性に与える影響などについて解説します。

    ぬり薬の蘊蓄 vol.2

  • 皮膚の状態と経皮吸収性について

    部位・年齢・皮膚疾患などによる経皮吸収性の違いについて解説します。

    ぬり薬の蘊蓄 vol.3

  • ぬり薬を評価するために

    局所皮膚適用製剤の同等性を評価するためのガイドラインについて解説します。

    ぬり薬の蘊蓄 vol.4

皮膚外用剤の基礎知識

ページトップへ
ページトップへ
  • 製品に関するお問い合わせ
  • 0120-122834

    フリーダイヤルがご利用いただけない場合06-6371-8898

    ※9時30分~17時30分(土日祝日及び当社休業日を除く)

  • インターネットはこちらから

    お問い合わせ