皮脂欠乏症の主な原因:アトピー性皮膚炎

監修:東京女子医科大学 名誉教授 川島 眞 先生

乾燥が起きる機序

皮膚は、表面の皮脂膜やその下の角質細胞、角質細胞間脂質などが皮膚バリア機能の役割を担っており、外界からの異物の侵入や水分の蒸散による皮膚の乾燥を防いでいます。アトピー性皮膚炎(Atopic dermatitis:以下、AD)患者の皮膚では、これらの皮膚バリア機能が低下しているため、外界からの異物が容易に皮膚の中まで侵入しやすく、水分も蒸散しやすい状態になっています。

正常な皮膚

図:正常な皮膚

アトピー性皮膚炎患者の皮膚

図:アトピー性皮膚炎患者の皮膚

ADでは特に角質細胞間脂質が減少するため皮膚が乾燥する。

アトピー性皮膚炎患者の乾燥皮膚

図:アトピー性皮膚炎患者の乾燥皮膚

写真提供:東京女子医科大学 名誉教授 川島 眞 先生

その他の発症原因

近年は、フィラグリン遺伝子変異のAD発症への関与が注目されています。また、フィラグリン遺伝子に異常がなくても、AD患者の多くでは、皮膚組織でのIL-4やIL-13などのTh2サイトカイン優位の環境によりフィラグリンの発現が低下しています。
フィラグリンはケラチン線維を凝集するはたらきとともに、さらに分解されて天然保湿因子として角質の水分保持やpHの低下にはたらきます。したがって、フィラグリン量が減少しやすいAD患者の皮膚は乾燥しており、pHもアルカリ側に傾きがちです。

日本皮膚科学会アトピー性皮膚炎診療ガイドライン作成委員会:アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016年版,
日皮会誌, 126(2), 121-155, 2016 ©公益社団法人日本皮膚科学会 より引用

ページトップへ
サイトマップ閉じる