皮脂欠乏症の主な原因:加齢

監修:東京女子医科大学 名誉教授 川島 眞 先生

特徴的な症状

はじまり

図:皮脂欠乏症

皮脂欠乏症の初期では、皮膚表面がざらつき、白い粉をふいたような鱗屑がみられる。また、痒みに敏感になる。

 

悪化すると

図:皮脂欠乏症~皮脂欠乏性湿疹

亀甲状に皮膚がひび割れを生じる上、痒みが強くなる。

 

さらに悪化すると

図:皮脂欠乏性湿疹

さらに進行して炎症(湿疹)を伴うようになると皮脂欠乏性湿疹に至る。夜眠れないほどの痒みを伴う場合もある。

写真提供:東京女子医科大学 名誉教授 川島 眞 先生

好発部位

下腿や大腿、腰回り、わき腹などに好発します。

疫学

東京都の練馬区と大島町の老人保健施設、特別養護老人ホームの入所者を対象に皮脂欠乏症の発症率を調べた報告です。皮脂欠乏症は、老人保健施設では70.5%、特別養護老人ホームでは94.1%の高齢者で認められました。
このように、高齢者の多くが皮脂欠乏症を発症しています。

表:高齢者の皮膚の乾燥実態

皮脂欠乏症の発症部位 老人保健施設 特別養護老人ホーム
0 (0.0) 0 (0.0)
体幹 4 (6.6) 5 (14.7)
上肢 11 (18.0) 14 (41.1)
大腿 41 (67.2) 30 (88.2)
下腿 43 (70.5) 30 (88.2)
背中 6 (9.8) 11 (32.4)
足背 5 (8.2) 1 (2.9)
総計 43 (70.5) 32 (94.1)

例 (%)

老人保健施設
対象:61例(男性16例、女性45例)
平均年齢:85.0 ± 9.7歳

特別養護老人ホーム
対象:34例(男性4例、女性30例)
平均年齢:86.8 ± 7.2歳

Kimura N et al.: J Dermatol, 40(9), 770-771, 2013 より一部改変

ページトップへ
サイトマップ閉じる