疫学情報

「宮崎スタディ」結果報告

Journal of Medical Virologyに掲載された、大規模帯状疱疹疫学調査「宮崎スタディ」について調査結果を掲載しました。

1,000人あたりの帯状疱疹患者は10年で26%増加。特に、60歳以上の女性の発症率増加が影響

1,000人あたりの帯状疱疹患者は10年で26%増加。特に、60歳以上の女性の発症率増加が影響 (2.66MB)

医療法人外山皮膚科 院長 外山 望 先生

【2010年1月作成】

ページのトップへ

新規会員登録はこちら

CLcrカリキュレーター

maruhoツールオーダー

※各コンテンツ配信医師のご所属先、
肩書きはご監修当時のものとなります。

ページトップへ