メインコンテンツに移動

口唇ヘルペス患者さん座談会 治療編


    記事/インライン画像
    口唇ヘルペス患者さん座談会 治療編
    記事/インライン画像
    Aさん(30代、女性)
    Aさん(30代、女性)

    中学生の頃に唇全体に広がる水疱が生じ、受診したところ口唇ヘルペスと診断された。以後は受診せず、市販の塗り薬で治療、現在に至っている。

    記事/インライン画像
    Bさん(20代、女性)
    Bさん(20代、女性)

    小学生の頃に口内炎と思って受診したところ、ヘルペスと診断された。それ以来、口唇ヘルペスとは長い付き合い。医院で処方された塗り薬で治療している。

    記事/インライン画像
    Cさん(30代、女性)
    Cさん(30代、女性)

    高校生の頃に口唇ヘルペスと診断された。最近では毎月症状が出ており、医院で処方された飲み薬と塗り薬で治療している。

    監修医メッセージ

    中野皮膚科クリニック 院長/東京慈恵会医科大学皮膚科学講座
    • 松尾 光馬 先生
    口唇ヘルペスは、皮膚科でよく診る疾患の一つです。多くの先生方は口唇ヘルペスの診療で悩まれることはあまりないかと思います。それ故に、患者さんが日常生活でどんな悩みをもっているか、あらためて問診する機会は少なくなりがちではないでしょうか。今回、患者さんが受診時に伝えきれていないような悩みや心配を吐露していただこうと、口唇ヘルペス患者さん3名が参加する座談会を企画しました。
    この「治療編」では、初期症状が現れてすぐに受診することの難しさや、現在の治療に対する満足・不満足な点などについて話し合っていただいた内容を掲載しています。ぜひご一読いただき、患者さんに寄り添う診療の一助としていただければ幸いです。
    記事/インライン画像
    中野皮膚科クリニック 院長/東京慈恵会医科大学皮膚科学講座 松尾 光馬 先生

    1.どのように口唇ヘルペスを治療されていますか?

    Aさん私は病院には行っておらず、市販の塗り薬を常に持っており、ヘルペスの水疱が出たらすぐに塗るようにしています。初めて口唇ヘルペスになったとき、どの病院に行けばよいかわからなくて悪化させてしまってから近所の病院に行ったのですが、受診が遅いと先生に怒られたのでいい思い出がありません。今でも専門的な診療科がどこかわからないので、気軽に薬局で買える薬でいいかなと思い、使っています。

    Bさん私は処方された薬のほうが治ると思い、皮膚科で処方してもらった塗り薬をずっと使っています。でも、仕事ですぐに皮膚科に行けないときには、市販の薬を買って塗っています。最近は新型コロナウイルスの影響で病院に行きづらかったため、市販の薬を買いました。ただ職業柄、子どもと触れ合う機会が多いので、子どもに薬がつくことが気になってしまい日中は薬を塗れていないのが現状です。

    Cさん私は通院していて、塗り薬と飲み薬の両方を出してもらっています。併用するように言われていますが、塗り薬は気休め程度に感じていて、併用しないで飲み薬だけで治療することもあります。ヘルペスが出たらすぐ病院に行って対処したいと思っても、仕事でなかなかすぐに行けないのが困ります。

    Bさんピリピリして痒くなって「ヘルペスが来そうだ」と感じたその日のうちに水疱ができてしまいます。私もなるべく早く受診したいのですが、仕事が終わる時間には病院が閉まっていることが多いので、受診できるのは水疱が出てから2~3日後ということが多いです。

    Cさんわかります。だから、お医者さんや薬剤師さんからはダメだと言われているのですが、1日分くらい薬を飲まずにとっておいて、次回、ピリピリしてきたらすぐに飲んでいます。

    記事/インライン画像
    Aさん(30代、女性) 気軽に買えるので、市販の塗り薬を使用。
    記事/インライン画像
    Bさん(20代、女性) 病院で処方してもらった塗り薬を使用。でも、仕事で受診が遅くなったり、仕事中は薬を塗れなかったりするのが悩み。
    記事/インライン画像
    Cさん(30代、女性) 病院で処方してもらった飲み薬と塗り薬を使用。仕事ですぐに受診できないのが悩み。

    2.口唇ヘルペス治療の満足度は10点満点でどれくらいですか?

    Cさんもう少しよく効く薬があればと思いますが、薬を飲んだり塗ったりすることで効果はあると感じているので、7点くらいです。でも、症状が出てもすぐに受診できないこと、症状が出ていないと受診しても薬を処方してもらえないのが困ります。症状が出たらすぐ対処できるよう、処方してもらえたら嬉しいです。

    Bさん私は少し低めで、6~7点です。薬を塗るのも手間ですし、仕事中は塗り薬を使えないので飲み薬がほしいです。自分では症状が重いと思っているのですが、以前、病院の先生に「これくらいなら飲み薬はいらない」と言われ、ずっと塗り薬のままなので、飲み薬を処方してもらえる基準がわかりません。かさぶたが剥がれて血が出ることもあるので、そうなる前に治したいです。また、Cさんと同じで、ヘルペスが出てもすぐに受診できないときに使えるようにとっておける薬がほしいです。

    Aさん9点です。病院に行かなくてもほぼ治るのと、常に薬を持ち歩いているのでヘルペスが出たらすぐに治療を開始できるからです。でもCさんのお話を聞いて飲み薬があることを知り、興味が出てきました。食べたり飲んだりすると唇に塗った薬が落ちてしまっているのではないかと不安になります。それを含めると、満足度は7点くらいです。

    3.口唇ヘルペス治療の理想はどのようなものですか?

    記事/インライン画像
    少しでも早く治したい!予防できるのであれば予防したい!

    Cさんよく効いて、早く治る薬だといいですね。傷跡が目立たなくなるまで1週間以上かかるので、ヘルペスが出ている時間が3日くらいと、少しでも短くなってほしいです。

    Bさん仕事のときは夜しか薬を塗れないので治りが遅く、1~2週間かかってしまいます。できるだけ短くなってほしいので、もし新しい治療法があるならば、試してみて今の治療と比べてみたいです。

    Aさん口唇ヘルペスは1日も我慢したくないので、薬を使ったら翌日には治っている、というのが理想ですね。効果が高いのであれば飲み薬でも塗り薬でも試してみたいです。

    Cさん私も、早く治るなら注射でもいいからどんどん試したいです。でも、ヘルペスと一生付き合っていくのであれば、再発を予防できるような根本的な治療をしていきたいです。

    AさんCさんと同じように、根本的に治せる治療法があるのならば知りたいです。また、症状が出てから薬を塗るのではなく、その前段階の予防ができればいいなと思っています。

    4.治療に対する疑問点はありますか?

    Bさん病院はいつも混んでいるので、気になることがあっても、先生に相談するタイミングがあまりありません。予防薬があるのか、塗り薬と飲み薬、どの薬が一番いいのか、聞いてみたいです。先生から「一生付き合っていくしかない」と言われましたが、どう付き合っていくか、出る頻度が減るように何かできることはないか、知りたいです。

    Cさん私が通っている皮膚科も混んでいるせいか、先生も「ああ、ヘルペスね」といった感じでほとんど話ができていません。でも、どのようにヘルペスと付き合っていくか、出たとしても症状を軽く抑えられるか、そういった話を聞いてみたいです。また、受診のタイミングについても知りたいです。

    Aさん私は初めて口唇ヘルペスになったときに症状が重くなってから受診したことを先生に怒られてしまい、それ以来、受診を避けてきました。でも、再発を防ぐために日常生活でできることや改善すべき生活習慣などについて病院で指導してもらえるのなら、通院してみたいです。予防歯科のように、定期的に受診して薬を処方してもらえるとありがたいです。

    口唇ヘルペス患者さんのお悩み

    座談会に参加いただいたみなさんより日ごろの悩みをうかがい、松尾先生に回答例をお教えいただきました

    1口唇ヘルペスが再発してしまったとき、症状がひどくならないようにしたり、早く治したりする方法があれば教えてください。
    1口唇ヘルペスの治療には、抗ヘルペスウイルス薬の飲み薬や塗り薬を使いますが、この薬は、既に増殖してしまったウイルスの数を減らすのではなく、ウイルスの増殖を抑える働きをします。初期症状を感じた段階でウイルスは増殖を始めているため、できるだけ早く薬を使い始めて、ウイルスを増殖させないようにすることが大切です。抗ヘルペスウイルス薬を早期から使うことで、症状を軽減し、治癒までの期間を短くすることができます。ウイルスは神経節で増殖を始めるので、薬を塗った場所だけに効く塗り薬よりも、広範囲に作用する飲み薬が一般的に有効です。
    記事/インライン画像
    再発性の口唇ヘルペスの臨床症状およびウイルス量の推移
    2最もよい受診のタイミングはいつですか?
    2ヘルペスの初期症状に気づいたら、なるべく早く受診し、薬を使い始めることが望ましいです。最近は皮膚症状がなくても次回の再発に備えてお薬がもらえる場合もありますので医師にご相談ください。
    3口唇ヘルペスの症状がないときに受診して、次回の再発に備えて薬を処方してもらうことはできませんか?
    3これまで日本では、口唇ヘルペスの症状を医師が確認して薬を処方することしかできませんでした。しかし2019年から、次回の再発に備えて、あらかじめ抗ヘルペス薬の飲み薬を処方することが認められ、口唇ヘルペスの初期症状を感じたら、自分の判断ですぐに薬を使い始めることができるようになりました。処方には、「年間の再発回数が概ね3回以上」「再発の初期症状(ピリピリ・ムズムズなど)がわかる」等の一定の要件がありますので、再発を繰り返している方は、医師に相談してみてください。
    Patient Initiated Therapy(PIT):あらかじめ処方された薬剤を初期症状に基づき患者判断で服用開始する治療方法
    日常生活に関するお悩み、心配事などを日常生活編でご紹介しています。

    お問い合わせ

    お問い合わせの内容ごとに
    専用の窓口を設けております。

    各種お問い合わせ

    Dermado デルマド 皮膚科学領域のお役立ち会員サイト

    医学賞 マルホ研究賞 | Master of Dermatology(Maruho)

    ページトップへ