• ニキビの基礎知識
  • 皮膚科の治療
  • 日常生活で注意すること
  • 病院検索
  • 通院治療をされている方
  • よくある質問
  • 用語説明
  • 監修者のご紹介

ニキビの基礎知識

  1. HOME
  2. ニキビの基礎知識
  3. ニキビができる仕組み

監修:NTT東日本関東病院 皮膚科部長 五十嵐 敦之 先生

  • ニキビができる仕組み
  • ニキビの原因

ニキビとは?

ニキビは尋常性ざ瘡とも言われ、毛包(毛穴)に皮脂が詰まって面皰(めんぽう:白ニキビ・黒ニキビ)や
紅色丘疹(こうしょくきゅうしん:赤ニキビ)・膿疱(のうほう:膿をもったニキビ)ができる皮膚の病気です。
皮脂の分泌が活発になるとともに、毛穴周辺の角層(皮膚の一番表面の部分)が厚くなって毛穴が詰まると皮脂がたまって、
ニキビができます。顔のほか、胸の上部、肩、背中にもできます。

症状進行度合

  1. 1. 健康な肌

    健康な肌

    皮脂腺では、常に皮脂がつくられています。皮脂は、毛穴を通って皮膚の表面に出され、皮脂の膜をつくり肌の表面を覆い、肌を健康な状態に保ちます。

  2. 2. 面皰 めんぽう

    面皰

    古い角質や角栓で毛穴が詰まったり、性ホルモンの影響で皮脂の分泌が過剰になると、皮脂が毛穴にたまって「面皰」ができます。アクネ菌は、皮脂を好み酸素を嫌うため、発育に好都合な面皰の中で増殖します。

  3. 3. 丘疹・膿疱 きゅうしん・のうほう

    丘疹・膿疱

    毛穴の中で過剰に増殖したアクネ菌は、炎症を起こす物質をつくります。そして、炎症が起こると、皮膚は赤く盛り上がって「丘疹」になります。炎症が進んで周囲まで広がると、膿をもった「膿疱」になります。

  4. 4. 嚢腫・硬結 のうしゅ・こうけつ

    嚢腫・硬結

    さらに、炎症が進むと、毛穴の壁が壊され、膿の袋ができて「嚢腫」になったり、硬く盛り上がって「硬結」ができます。

悪化するニキビ

毛穴に皮脂が詰まっている状態は面皰(白ニキビ・黒ニキビ)と言われ、毛穴が詰まって皮脂がたまり、その中でアクネ菌が増殖して炎症を起こすと赤ニキビと言われる丘疹、膿をもった膿疱、さらに悪化すると嚢腫(のうしゅ)になり、
硬く盛り上がって硬結(こうけつ)ができます。強い炎症の後には、凸凹した瘢痕(はんこん:ニキビ痕)を残すことがあります。

症状のイメージを見る

  • 閉鎖面皰(白ニキビ)

    閉鎖面皰(白ニキビ)

  • 開放面皰(黒ニキビ)

    開放面皰(黒ニキビ)

  • 丘疹(赤ニキビ)

    丘疹(赤ニキビ)

  • 膿疱

    膿疱

  • 嚢腫・硬結

    嚢腫・硬結

  • 瘢痕(ニキビ痕)

    瘢痕(ニキビ痕)

ページトップへ