ホーム

事業報告

第69期(2017年10月~2018年9月)の事業概況

マルホグループは、長期ビジョン2011“Excellence in Dermatology~皮膚科学領域での卓越した貢献を~”の実現を目指し、皮膚疾患に関するニーズに幅広く対応すべく、新たに開始した第3次中期計画(2017年10月~2020年9月)の初年度に積極的に取り組みました。

研究開発活動

研究開発活動では、アンメットニーズを満たす新製品創成に向け、アカデミアとも学際的研究を推進するとともに、新製剤技術獲得に引き続き注力してまいります。

  • M1180Bは、血行促進・皮膚保湿剤として、2018年2月15日に剤形追加の製造販売承認を取得しました。
  • M5180は、米国でCutanea Life Sciences, Inc.が、尋常性乾癬の治療薬として承認申請中です。
  • M5210Bは、再発型単純疱疹の治療薬として、共同開発会社である旭化成ファーマ株式会社が2018年2月27日に承認申請を行いました。
  • M5250は、アトピー性皮膚炎に伴う痒みを対象に、国内で第Ⅲ相試験を実施中です。
  • CLS001は、米国でCutanea Life Sciences, Inc.が、酒さを対象とした第Ⅲ相試験を実施中です。
  • CLS006は、米国でCutanea Life Sciences, Inc.が、尋常性疣贅を対象とした第Ⅲ相試験を実施中です。

生産活動

  • 安定供給と品質確保により製薬企業の使命と責務を果たすよう取り組みます。
  • 患者さんからより支持・信頼される製品の提供や、グローバル基準に対応した生産機能の構築を目指します。

医薬情報・販売活動

  • 顧客の情報収集指向性に基づき従来からのMR(Medical Representatives)だけでなく、デジタル技術を活用した適切な情報提供体制を構築してまいります。化粧品及び診断薬事業では、顧客ニーズに応じた商品の拡充に向け、積極的に開発を推進していきます。
  • がん性皮膚潰瘍臭改善薬「ロゼックスゲル」は2018年3月1日付で、ガルデルマ株式会社より製造販売承認を承継し、販売を開始しました。がん患者さんやそのご家族のQOLの向上に、より一層貢献できるように取り組んでまいります。
  • 血行促進・皮膚保湿剤「ヒルドイドフォーム」は、皮脂欠乏症等に悩む患者さんの治療選択肢の拡大とアドヒアランスの向上に貢献するために、2018年9月13日より販売を開始しました。
  • 尋常性ざ瘡治療外用剤「ディフェリンゲル」は、2016年7月26日より当社で販売を開始し、2018年9月28日付で、ガルデルマ株式会社より製造販売承認を承継しました。製造販売会社として適切な情報の提供と収集を行い、製品の安定供給を実施してまいります。
  • 大人の肌トラブルにお悩みの方のための、皮膚のバリア機能に着目した自社化粧品ブランド「iniks」から、2018年3月15日に「スキンケアトリニティー キット」を、2018年4月3日に「クレンジング エマルジョン(メイク落とし)」を発売し、健やかな肌の実現に貢献することを目指します。
  • 体外診断用医薬品「デルマクイックVZV」は、2018年1月22日より販売を開始しました。弊社が販売する経口・外用の帯状疱疹治療薬と合わせて、皮膚疾患に関するニーズに幅広く対応することを目指してまいります。
  • ネスレ スキンヘルスS.A.より、睡眠中の掻き動作を計測するApple Watch用かゆみ計測アプリ「Itch Tracker」の国内独占的使用権を取得し、2018年7月5日一般向けに公開しました。患者さんの治療アドヒアランスの向上や、患者さんと医療従事者との円滑なコミュニケーションの促進を期待しています。

海外事業活動

  • 海外事業活動におきましては、米国では、品揃えを充実させ、ビジネス展開を加速していきます。欧州、アジアでは、実効性のある取り組みを整備し、世界中の皮膚疾患患者さんに対して、より一層の質の高い貢献を実現してまいります。
  • Cutanea Life Sciences, Inc.は、2017年に販売開始した尋常性ざ瘡治療外用剤「Aktipak」の市場浸透を行い、また伝染性膿痂疹に適応を持つ抗菌外用剤「Xepi」の承認を2018年3月取得しました。

特徴

マルホ株式会社が取り扱う医薬品の4/5が皮膚科領域で用いられています。 また、軟膏・クリーム・ゲル・ローションといった外用剤が3/4を占めており、皮膚科領域と外用剤に特長を持つ医療用医薬品メーカーです。

事業別の売上高比率(医療用医薬品vsその他)

 事業別の売上高比率(医療用医薬品vsその他)

(2018年9月期)

疾患領域別売上高比率(医療用医薬品)

診療科別売上高比率(医療用医薬品)

(2018年9月期)

剤型別売上高比率(医療用医薬品)

剤型別売上高比率(医療用医薬品)

(2018年9月期)

ページトップへ