事業活動

研究開発活動皮膚科外用剤を中心とした
独自のノウハウに根差した研究開発力
皮膚科外用剤を中心とした医療用医薬品の研究開発に注力しています。独自の外用剤製剤技術力に根差した多様な剤形追加や効能追加を含む後期開発力、いわゆる「育てる力」の高さがマルホの強みです。また、国内外の研究者・医療現場とのネットワークから集約した情報を評価・検証するシステムを構築し、ユニークなテーマ創出、製品導入につなげてきました。
また、研究開発プロセスの早期段階の強化に注力するため、基礎研究や臨床現場から得られた成果・ニーズを、医療に対し革新的な変化をもたらす「ニューコンセプト」として捉え、自社だけでなく国内外の企業、アカデミアや研究機関、ベンチャーと連携し研究開発を進めています。
生産活動トッププクラスの外用剤生産量を誇る
国内屈指の一貫生産体制
「医薬品の品質確保と安定した供給体制の確立」という最重要課題に応えるため、1972年の彦根工場の竣工以降、高品質の外用剤を安定的に供給することを使命としています。生産拠点と生産体制の強化に経営資源を積極的に投入、製品供給における安心・安全の確保と、患者さんのQOL向上を目指してきました。 医薬品業界において、製造の外部委託などが拡大している中、マルホは主要製品の原薬から最終製品までの一貫生産体制にこだわり続けています。
今後、製品の特徴に合わせ国内外のパートナー企業に一部生産工程を委託する場合も、技術移転や製造プロセスへの関与を強化することで、さらなる品質の確保を図り、国内トップクラスの生産量を誇る外用剤の生産活動に取り組んでいきます。
情報提供活動患者さんの声を反映した
質の高い情報提供活動
様々な疾患に対する正しい知識の普及促進と適切な情報提供を通じ、皮膚科学領域に貢献しています。医薬情報担当者(MR)による自社の製品情報にとどまらず、患者さんの多様化するニーズを満たすコンテンツや情報を提供することにより、患者さんのQOL向上に貢献しています。
グローバル展開グローバルパートナーとの協業で
世界中の患者さんに質の高い貢献を
国内の医療用医薬品を取り巻く環境が大きく変化する中、患者さんの「満たされないニーズ」に応える医薬品の需要は、日本を含め世界中で高まっています。これまでに国内事業で培ってきた高い情報提供力を活かし、グローバルパートナーとの協業による製品価値の最大化と、世界中の健康を求める患者さんに対する質の高い貢献の実現を目指しています。
皮膚疾患医療用医薬品
以外の活動
グループ企業との連携、提携企業との協業を通じ
新しい事業展開にチャレンジ
病気の治療や延命にとどまらない、人々の「よりよく生きたい」という想いに応えるため、新しい事業展開にチャレンジしていきます。これまで皮膚科学領域のスペシャリティファーマとして培ってきた知見に加え、グループ企業の持つそれぞれの強みを連携させ、また、我々が持たない強みを持つ提携企業との協業を進めることで、今までの活動地域や事業領域の枠を超え、多様化するニーズに貢献していきます。