事業活動

研究開発活動皮膚科外用剤の知見とノウハウに根差す
卓越した研究開発力

研究開発の流れ

マルホは研究開発活動において、「新しいプロダクト創出」つまり「生み出す力」に重点を置いています。
あわせて、皮膚疾患外用剤を中心とした医療用医薬品の研究開発にも注力しており、独自の外用剤製剤技術力に基づいた多様な剤形追加や効能追加を含む後期開発力、いわゆる「育てる力」を強みとしています。(開発パイプライン
また、非上場企業であるという強みを活かして中長期的な視点で投資を配分。研究開発においては、ハイリスク・ハイリターンな案件や、希少疾患への対応など、社会貢献につながる案件にも積極的な投資を行っています。
生産活動国内屈指の一貫生産体制で
患者さんから信頼されるものづくりを追求
「人類の健康に対して、質の高い貢献を行うこと」を企業使命とするマルホにとって、医薬品の品質確保と安定した供給体制の確立は経営の最重要課題のひとつです。1972年の彦根工場の竣工以降、高品質の外用剤を安定的に供給することを責務とし、生産拠点と生産体制の強化に経営資源を積極的に投入。国内トップクラスの規模を誇る外用剤の生産活動を通じ、製品供給における安心・安全の確保と、患者さんのQOL向上を目指してきました。
情報提供活動患者さんと医療関係者への適切な情報提供を通じて
皮膚科学領域に貢献
医薬品事業を通じて広く社会に寄与するためには、質の高いプロダクトの開発・製造・安定供給に加え、患者さんと医療関係者に対する適切な情報提供が欠かせません。マルホは、製品や疾患について優れた知見と知識を有する医薬情報担当者(MR)と、デジタル技術を活用したタイムリーな情報提供活動を通じて患者さんのQOL向上に貢献していきます。
グローバル展開海外で協業しているパートナーと
世界中の患者さんに質の高い貢献を
国内外の医療用医薬品を取り巻く環境が急激に変化するなか、患者さんのアンメットメディカルニーズに応える医薬品への期待が全世界的に高まりを見せています。マルホは、これまでに培ってきた卓越した情報提供力を活かして、パートナーとの協業による製品価値の最大化と、健康を求める世界中の患者さんに対する質の高い貢献を目指しています。
皮膚疾患医療用医薬品
以外の活動
グループ企業、提携企業との協業を通じ
新しい事業展開にチャレンジ
日本の平均寿命の延伸を背景に、人々の健康や日常生活に対する意識は日々変化し、そのニーズも多様化しています。マルホは、主に「皮膚疾患」の医療用医薬品事業を成長のドライバーとしてきました。今後、マルホが将来にわたってグループとして成長を持続させるためには、グループ企業や提携企業との協業が欠かせません。それぞれの強みを掛け合わせることで、今までの活動地域や事業領域の枠を超えたチャレンジを続けます
経営基盤“創造性の発揮”につながるニューノーマル
「VUCA」(変動性、不確実性、複雑性、曖昧性)という言葉が象徴するように、現代社会を取り巻く環境は急激かつ不可逆的に変化し、予測困難な状況で推移しています。なかでも、新型コロナウイルス感染症の感染拡大は、働き方を含めた私たちの生活様式を大きく変えました。マルホは企業価値の最大化に向けて挑戦し続けるため、産業と社会の変化に柔軟に対応し、全従業員が自律的に、創造的に、生産的に働くことができる経営基盤の確立に取り組んでいます。