マルホ株式会社 医療関係者向けサイト

褥瘡辞典 for MEDICAL PROFESSIONAL ~褥瘡(床ずれ)の正しいケアと治療のために~

褥瘡の予防(ケア)

圧迫・ずれの排除

体圧分散用具の紹介

体圧分散に使用する用具には、素材・機能・使用方法別にさまざまなものがあります。各用具の特徴を十分に理解し、患者の状態に適したものを選択しましょう。用具選択や管理方法が不適切な場合、逆に褥瘡を発生させてしまうことがあります。

体圧分散用具の種類
○:長所  ●:短所
素材 臥位用体圧分散用具の特徴 坐位用体圧分散用具の特徴
エア
○マット内圧調整により個々に応じた体圧調整ができる。
○セル構造が多層(2層と3層あり)のマットレスは低圧保持できる。
●自力体位変換時に必要な支持力(安定感)が得にくい。
●鋭利なものでパンクしやすい。
○マット内圧調整により個々に応じた体圧調整ができる。
●エアの抜けが起こることがある。
ウォーター
○水の量により個々に応じた体圧調整ができる。
○ヘッドアップ時のずれが少ない。
●患者の体温維持のために、水温管理が必要である。
●水が時間とともに蒸発する。
 
ウレタン
フォーム
○低反発のものほど圧分散効果がある。
○反発力の異なるウレタンフォームを組み合わせることで、圧分散と自力体位変換に必要な支持力(安定感)を得られる。
●個々に応じた体圧調整ができない。
●ウレタンフォーム上に身体が沈み込み、自立体位変換に支障をきたす場合がある。
○低反発のものほど圧分散効果がある。
●年月が経つとへたりが起こり、圧分散力が低下する。
ジェル(ゲル)
またはゴム
○動力を要しない。
○表面を拭くことができ、清潔保持できる。
●十分な体圧分散効果を得るには厚みが必要であるが、厚みを増やすと重量が増す。
○ジェルが殿部を包み込み、ずれを防ぐ。
○表面を拭くことができ、清潔保持できる。
ハイブリッド
○2種類以上の素材(エアとウレタンフォーム)の長所を組み合わせることができる。
●体圧分散効果を評価するための十分なデータが不足している。
 
日本褥瘡学会編集:在宅褥瘡予防・治療ガイドブック:55-57, 2008より改変

エアマットレスの場合、圧の設定が適切かどうか「底突きの確認」をしながら使用しましょう。

底突きの確認方法

底突きの確認方法
手の平を上にし、指をまっすぐにして、マットの下に差し込む。
圧迫されやすい部位の真下に入れること。
底突きの確認方法
示指か中指を曲げてみる。
底突きの確認方法
●体圧分散用具の製造・販売会社ホームページへのリンク(50音順)
会社名 URL
株式会社ケープ http://www.cape.co.jp/
株式会社ハートウェル http://www.heart-well.co.jp/
パラマウントベッド株式会社 http://www.paramount.co.jp/
株式会社モルテン http://www.molten.co.jp/health/
株式会社ユーキ・トレーディング http://www.yukitrading.com/
横浜ゴムMBジャパン株式会社 http://www.yrc.co.jp/medi-air/top.html
体圧分散ケア-坐位の場合
スキンケア

医療関係者の皆さま > 医療関係者向けホーム > 学術情報 > 褥瘡辞典 for MEDICAL PROFESSIONAL > 褥瘡の予防(ケア) > 圧迫・ずれの排除 > 体圧分散用具の紹介