ホーム
乾燥肌・皮脂欠乏症(乾皮症)

監修:東京女子医科大学 皮膚科 教授 川島 眞 先生

皮脂欠乏症(乾皮症)のおはなし

皮脂欠乏症(乾皮症)とは?

皮脂欠乏症(乾皮症)の診断をしているイラスト

皮脂欠乏症(乾皮症)は、皮膚の表面の脂(あぶら)が減少することにより皮膚の水分が減少して、乾燥を生じてしまう病気です。

中高年者の手足、特に膝(ひざ)から下によくみられ、皮膚がカサカサしてはがれ落ちたり、ひび割れたりします。

皮脂欠乏症(乾皮症)の症状と季節に関するイラスト

また、かゆみを伴い、掻(か)くと悪化して湿疹になったりします。
空気が乾燥しはじめる秋から冬にかけて症状が出はじめ、真冬になるとひどくなりますが、夏には自然に軽快したり、治ったりしてしまうこともあります。

皮脂欠乏症(乾皮症)になりやすい人のイラスト

皮脂欠乏症になりやすい人? 

だれでも年をとってくると、程度の重い軽いはありますが、皮膚の乾燥が生じてきます。女性の方が男性よりやや早い年代から起こってくるようです。軽い皮脂欠乏症は、病気というより自然な変化といえるかもしれません。
症状がひどくならないようにスキンケアをすることが大切です。
 

ページトップへ